[HOME]: [Mac OS X]: [MacPython]: [Emacs]: [生存報告記]: [MacEmacs JP Project]: [NTEmacs JP Project]:

Differences between revisions 4 and 5

Deletions are marked like this. Additions are marked like this.
Line 19: Line 19:
[[ISBN(4121600126 方法序説ほか)]] [[ASIN(4121600126 方法序説ほか)]]

概要

1596-1650

言葉

(ラテン語)Cogito,ergo sum.

(フランス語)Je pense,donc je suit.

(英語)I think, therefore I am.

私は思考している、よって私はここに存在している。

著作


方法序説ほか(AA)


省察・情念論(AA)

関連書籍

関連人物

ぼくの理解

ぼくがデカルトはじめて読んだのは中学の頃だと思いますが、理解してなかった。再読したのは社会人2年目か3年目のあたり。ウィトゲンシュタインをちゃんと読む切っ掛けになりました。

はっきり言って哲学の初まりです。ギリシャ哲学は哲学の枠組に組み込まれてますが、ちょっと違うと思います。方法論はギリシャ哲学に初まるのでしょうが、哲学が哲学となったのはデカルトによると思います。

ぼくは西欧哲学はデカルトに始まり、ウィトゲンシュタインで終ったと現在の所はおもっています。それは発展の歴史ではありません。発展したのではなく時代の変化の問題です。哲学は時代に左右される。

哲学とは世界のありかたを思考する物です。デカルトに世界論という著作がある事でもそれはわかります。

参考サイト

http://club.pep.ne.jp/~faucon/bungaku/cogito.htm

http://www.edp.eng.tamagawa.ac.jp/~sumioka/history/philosophy/kinsei/kinsei02d.html

http://village.infoweb.ne.jp/~tkoikawa/zatsugaku/tonchinkan1_20/nohshi.htm


CategoryPhilosophy

紹介マニアMoinMoin: デカルト (last edited 2009-07-27 00:02:49 by sakito)