[HOME]: [Mac OS X]: [MacPython]: [Emacs]: [生存報告記]: [MacEmacs JP Project]: [NTEmacs JP Project]:

概要

公式サイト

Mailman, GNU メーリングリスト管理システム

インストール

curl -O ftp://ftp.pbone.net/mirror/download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/core/development/source/SRPMS/mailman-2.1.8-1.src.rpm
rpmbuild --rebuild mailman-2.1.8-1.src.rpm |& tee my-rpmbuild-log
sudo rpm -Uvh /usr/src/redhat/RPMS/i386/mailman-2.1.8-1.i386.rpm

automakeのバージョンによってはunderquoted definitionが数個発生する場合があります。内容を確認してください。

インストールディレクトリを確認しておいてください

/usr/share/doc/mailman-2.x/INSTALL.REDHAT
/usr/lib/mailman
/var/lib/mailman
/etc/mailman

/etc/mailman/aliases

RPM Search mailman-2.1.8-1.i386.rpm

メーリングリストサーバー構築(Postfix+Mailman編) - Fedoraで自宅サーバー構築

メーリングリストサーバー構築(sendmail+Mailman) - CentOSで自宅サーバー構築

Mailman(メーリングリストサーバ)の導入・設定メモ FreeBSD(fkimura.com)

ja-mailman

設定

% /usr/lib/mailman/bin/mmsitepass <your-site-password>
/usr/lib/mailman/Mailman/mm_cfg.py
/usr/lib/mailman/cgi-bin

デフォルトの物でも明示的に設定したりしています。

vi /etc/mailman/mm_cfg.py

# URLを設定する
DEFAULT_URL_HOST = 'exsample.com'

# SMTPサーバを設定する
DEFAULT_EMAIL_HOST = 'exsample.com'

# virtualhostに設定する
add_virtualhost(DEFAULT_URL_HOST, DEFAULT_EMAIL_HOST)

# 日本語にする
DEFAULT_SERVER_LANGUAGE = 'ja'

# httpsで通信するようにする
DEFAULT_URL_PATTERN = 'https://%s/mailman/'

# Webからのメーリングリスト削除の設定(YES=可能、NO=不可能)
OWNERS_CAN_DELETE_THEIR_OWN_LISTS = No

# メールに連番を付与する
DEFAULT_SUBJECT_PREFIX = "[%(real_name)s:%%d] "

# 投稿者ヘのメール配信設定()
DEFAULT_REPLY_GOES_TO_LIST = 1

# 新規メンバー設定
DEFAULT_NEW_MEMBER_OPTIONS = 0

# 非会員ヘの対応設定
DEFAULT_GENERIC_NONMEMBER_ACTION = 2

# メーリングリスト一覧の公開設定(Yes=公開、No=非公開)
DEFAULT_LIST_ADVERTISED = No

# 保存書庫は既定で公開か限定か.(0=公開、1=限定)
DEFAULT_ARCHIVE_PRIVATE = 1

# ARCHIVE_TO_MBOX
#-1 - なにも保存しない
# 0 - mbox 形式では保存しないが, Mailman の組込み HTML 保存書庫は作る
# 1 - mbox 形式で保存して, 外部の保存書庫作成機構で使う.
# 2 - mbox 形式で保存して, 組込み HTML 保存書庫も作る --- 外部の保存書
#     庫作成機能と Mailman の組込み HTML 保存書庫の両方を使える.
#     フラットなメールファイルは検索や外部保存書庫作成などに便利かも.
ARCHIVE_TO_MBOX = 2

# 0 - 年ごと
# 1 - 月ごと
# 2 - 四半期ごと
# 3 - 週ごと
# 4 - 日ごと
DEFAULT_ARCHIVE_VOLUME_FREQUENCY = 1
DEFAULT_DIGEST_VOLUME_FREQUENCY = 1

# 0 - Reply-To: を書き換えない
# 1 - Reply-To: をリストに向ける
# 2 - Reply-To: を特定のアドレス (reply_to_address) に設定する
DEFAULT_REPLY_GOES_TO_LIST = 1

# 既存のReply-To: の削除
DEFAULT_FIRST_STRIP_REPLY_TO = Yes

# 入会の方針
# 0 - 開放リスト (ALLOW_OPEN_SUBSCRIBE が 1 に設定してあるときだけ) **
# 1 - 入会に確認が要る
# 2 - 入会に管理者の承認が要る
# 3 - 確認と管理者の承認の両方が要る
DEFAULT_SUBSCRIBE_POLICY = 2

# 「Re:」のつくメッセージで, 件名の前置きをどこにつけるか
#     旧スタイル: Re: [前置き] テスト
#     新スタイル: [前置き 123] Re: テスト ... (通し番号はオプション)
OLD_STYLE_PREFIXING = No

# 既定で許されるメッセージサイズの最大(キロバイト)
DEFAULT_MAX_MESSAGE_SIZE = 520

/etc/cron.d/mailman
/usr/lib/mailman/cron/crontab.in
をコピーする

aliasファイルの作成

Sendmailを利用している場合は自動生成されません。スクリプトを作成するって手もあるんですけど、メーリングリストを頻繁に作成しないので手作業です。

# /usr/lib/mailman/bin/genaliases -q > /etc/mail/list
# newaliases

利用方法

リスト作成

/usr/lib/mailman/bin/newlist リスト名

リストの削除

/usr/lib/mailman/bin/rmlist -a リスト名

リスト情報の移行や修正など

export

bin/config_list -o ${config_filename} ${listname}

import

bin/config_list -i ${config_filename} ${listname}

URLが変更された場合

bin/fix_url --help

してfix_urlを利用する

参考サイト

mailman


Mailman 標準ハンドブック: 本(AA)


ServerConstruction

紹介マニアMoinMoin: MailMan (last edited 2006-06-22 01:30:38 by )